STAFF INTERVIEW

「電気工事士=誰でもなれる」
のイメージを根本から変え、皆が憧れの仕事に。

山中 美奈子 2017年入社

現在の仕事内容を教えてください。

 人事として会社説明会の運営や面接業務、採用に関わるパンフレットやホームページの作成などを行っています。ですが実は入社直後は、人事ではなく実際に施工現場で作業の進捗状況を管理し写真に撮る仕事を行っていました。新卒採用を行うことになり、現場で感じたリアルな声を求職者に伝えてほしいということで人事になりました。人事という仕事は一人の求職者の人生を左右するため、プレッシャーを感じる仕事です。求職者の人にとって話やすい雰囲気づくりや誤った情報が伝わらないよう心掛けています。実際に現場で働いていた経験も、分かりやすく仕事を伝える上で役に立っています。

TDSの魅力を教えてください。

 電気工事で一番のリーディングカンパニーになるというビジョンの実現を本気で目指していることです。電気工事の会社と聞くと、小さな汚い会社をイメージする人も多いと思います。TDSはその考えを覆し、明るいオフィスと会社としての組織作りをしています。また電気工事士=誰でもなれる職種、というイメージも持たれていると感じます。専門知識をもとに、生活に絶対必要な電気に関わる仕事をしているという憧れの職種にそのイメージを変えていくために、分野に縛られない電気業界全体を担う事業展開を考えています。事業展開の中にはイルミネーションやプロジェクションマッピングといった人々を笑顔にする新しい分野も含まれます。可能性を信じて前に進み続けていることがTDSの魅力ではないでしょうか。

今後の目標を教えてください。

 一つ目は、今後入社してくる女性社員のために産休育休の制度を整えたいです。また男性も女性と同様に育休取得が可能になり、時代に合った働き方ができるような環境づくりをしていきたいです。二つ目は、地方から入社を決めてくれる方向けに寮制度を設けたいです。新卒採用では専門、短大、大学卒以外に高校生の採用も積極的に行っています。地方からでてきて初めて一人暮らしをする高校生のご両親が安心できるような環境づくりを進めたいと考えています。そして三つ目は、二つの制度も含めて管轄を行う「人事部」の立ち上げを行いたいです。今は各担当者が部署に所属せずに労務や総務、人事の仕事をしています。将来的には人事部所属の採用担当、労務担当というように、人に関わる業務を専門に担う部署として確立させたいです。

STAFF INTERVIEW